HOME »  

2019-04-08
カテゴリトップ > 海外メーカー > Rockford Fosgate > スピーカー
Rockford Fosgate(ロックフォード) T3652-S 
パワーシリーズ 16.5cm2ウェイセパレートスピーカー
2011年に発表された音質重視のT3シリーズセパレートスピーカー。

T2シリーズに比べ、低域から高域まで幅広い音域を再生します。


究極の振動板素材を追い求め、数え切れないほどのカットアンドトライを繰り返し、辿り着いたのが高い弾性・剛性・制振性・耐熱性を持つ液晶ポリマー素材でした。

この新素材”LCPF(Liquid Crystal Polymer Fiber)”を25mmサイズのツィーターと165mmサイズウーファーのダイヤフラムに採用、高出力時でも安定したコーン強度を維持することができ、ナチュラルな高音質再生を実現しています。


■LCPF(Liquid Crystal Polymer Fiber)
ツィーターとウーファーの振動板には、高い弾性・剛性・制振性・耐熱性を持つ”LCPF(Liquid Crystal Polymer Fiber/液晶ポリマーファイバー)”という同一素材を採用。ツィーターとウーファーの音色を合わせると共にナチュラルな高音質再生を実現しました。


■アルミダイキャストフレームと磁気回路
背圧の影響を受けにくく、不要共振を排除するデザインを採用した高精度アルミダイキャストフレーム、1.5インチ(38mm)ボイスコイルと強力なネオジウムマグネット、そして、放熱を効率化するIDHSテクノロジーを投入した磁気回路の採用により、低域レスポンスの向上と高音質化を図りました。


■T3 IDHS(Inductive Damping Heat Sink)
効率的にボイスコイルの冷却を行うとともに歪を最小限に抑え、背面のEMF(電磁場)も減少させる効果がある”IDHS(インダクティブ・ダンピング・ヒートシンク)”をT3専用に設計しました。


■オーディオファイルグレードパッシブクロスオーバー
バイアンプ、バイワイヤリング駆動に対応したパッシブクロスオーバーネットワークは、精度誤差5%の高精度ポリコンデンサとエアコアコイルを採用した高音質設計で、クロスポイント及びスロープ特性は、ハイパス:3.0kHz@-18dB/oct, ローパス:3.0kHz@-12dB/octに設定され、3段階(+2dB/0dB/-2dB)のツィーターレベル調整機能を装備。また、ツィーターを過大入力から保護するPTCプロテクション回路やツィーターの取り付け位置によって切替するON/OFFアクシススイッチを装備しています。


■選べるツィーターリング
クロームメッキ調(白ロゴ)とアルミヘアライン調(黒ロゴ)の2種類のツイーターリングを付属しており、クルマの内装デザインや雰囲気によってお好みのリングをお選びいただけます。


■VAST(Vertical Attach Surround Technique)
VAST(バーチカル・アタッチ・サラウンド・テクニック)は、サラウンド部分の素材と構造を改良することでコーン有効表面積を従来製品よりも25%もアップすることに成功したRockford Fosgate独自のサラウンド技術です。


16.5cm 2ウェイセパレートスピーカー(左右1セット)

スピーカーグリル付属

 

●定格入力:125W

●最大入力:250W

●再生周波数:40hz〜30khz

●ミッドレンジ取り付け穴寸:142mm

●ミッドレンジ取り付け深さ:71mm

●インピーダンス:4Ω

●クロスオーバーポイント:3khz

●クロスオーバースロープ:ハイ】18db ロー】12db


【日本正規品】
価格
100,100円 (税込 108,108 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く